明るい家

両親が建売住宅を購入し、そこに住んでいたのですが、家が古くなってきたので、新しく家を建てることになりました。いろいろな住宅展示場を巡りましたが、それぞれにいいところがあって、決めるまでにかなり時間がかかりました。
とにかく明るい家にしたくて、窓を大きく取ってもらうことと、玄関を広めにすること、そして天井を高くすることなどの注文をしました。
実際に建てた家は台所にも天窓があって、それぞれの部屋に大きな窓があってとても明るい家になりました。ところが窓が広いだけ壁の面積が少なくなって家具を置くのが大変になりました。
それに西日が入る和室の出窓に雨戸をつけていなかったので、夏は暑く、冬は寒い部屋になってしまったのです。集合住宅に比べると一戸建ては冬、すごく寒いのです。窓ガラスを二重窓ガラスにすればよかったと思うのですが、他のところは雨戸としてシャッターが付いているので、その必要があるのは和室の西側の窓だけでした。