注文住宅の失敗 リフォームで解決

注文住宅を建てましたが、家づくりについて勉強したつもりが全くの勉強不足だったようで建ってみると想像と違う事が多々ありました。
図面もどのように見たら良いか分からないままで何となく了解したような感じでした。今思えば詳しく説明を求めたり建った時の立体的なイメージを模型やパソコンなどで確認したいと言えば良かったと思っています。
家づくりはプロのサポートが絶対必要だと思います。町の建築屋はハウスメーカーのようなアドバイスがなくほぼ施主任せな感じで家づくり初心者には困ることがたくさんありました。

イメージと違うことに関しては仕方がないので諦めましたが、どうしてもイメージと違うでは済ませられない外観のダサさです。
図面を見た時に特に立体的な絵でも無かったので全くイメージが湧きませんでしたが、外観をこうしたいという具体案が無かったので『こんなものか』と思い図面で理解しました。しかし建ってみるとあまりのダサさに気が滅入る程で築5年ですが玄関部分だけをリフォームする予定です。具体的にはダサい大きな瓦の庇を撤去し新しくスタイリッシュなデザインの庇に作り変える予定です。

外観のイメージが違うという後悔をプログなどでたまに目にします。他人に気にならないと言われても自分が気になるので他人の気にならないはアドバイスにはならないとは思います。完璧な家なんてありませんが、どうしても気になりリフォームできるのであればリフォームしても良いと思います。お金はかかりますが家族も了解するなら良いと思います。