注文住宅にて細かい好みを反映できた!

やっぱり注文住宅で家を建てて良かったと思います。マイホーム建設を考えた当初こそ、ハウスメーカーや建売住宅を考えたのですが、しかし「ちょっとちょっと」のところで、気に入らないところって出るんですよね。間取りにしても家の外観にしても、大きなところではそんなに不満はないものの、少しずつどこかしらに不満があるといったように。

たとえば、「外壁のガルバリウムはツートンカラーではなく一色にして欲しい」ということだったり、「玄関スペースをもうちょっと狭くして欲しい」といったようなことまで。間取りを変えろというほど不満はないのですけれど、しかし「ここをもっとこうして欲しい」といったような要望はありましたからね。どこの住宅をとってみても。

だからこそ、「じゃあ、もう注文住宅でマイホームを建てよう」という結論になったのです。そう決まってからは早かったですね。それまでは建売住宅やハウスメーカーを回っていまして、かなりの時間を使っていましたが。まあそれがあったらかこその「注文住宅で家を建てる」という選択になったのでしょうけれど。