後悔のない新築一戸建てのために

“我が家は新築の購入の際、収納を重視していました。
購入した物件は、新築一戸建て、自由設計のお家です。
設計例では、4LDKで、一階にLDKと和室、二階に洋室3つでした。
よくある間取りが、一階の和室を無くしてLDKを広くすると不動産屋さんにすすめていただきましたが、私はこども3人を希望していて、それぞれに部屋を持たせてあげたいので、一階の和室を洋室にした4LDKにすることにしました。

とりあえずは、子供が1人なので、一階の洋室を主人の仕事部屋兼寝室。二階の一室を私と子どもの寝室、収納は各々の部屋にあるのでゆとりある状態で生活できますが、子どもが希望通り3人になったとき、一階の洋室が私たちの主寝室になり、その部屋の収納だけでは到底たりません。
そのため、二階にウォークインクローゼットを設け、一階の階段下収納も、半畳のところ一畳に増やしました。
部屋が広いことや、部屋が多いことも大事ですが、その部屋に物が散らばっていれば、部屋の意味を成さないと思い、収納を重要視しました。

これから家づくりをする際、大事なことは、
・部屋は広い方がいい
・部屋数は多い方がいい
・収納も多い方がいい
・価格は安い方がいい
どこかで妥協点を見つけて、後悔のない家づくりをしてください。”